エンティティの移動

SketchUp でモデルを描画する場合、モデル (またはその一部) の移動は文字通り3次元で行われます。

この記事では、クリックして移動するだけの操作から 3D 座標による正確な移動まで、3D モデル内での移動についてご紹介します。

注: [移動] ツールは控えめな名前のツールであり、その機能のすべてが名前に表れているわけではありません。[移動] ツールの他の機能の詳細については、「ジオメトリの伸縮」、「作成済みのオブジェクトをコピーする」、「反転と回転」を参照してください。

移動の準備はできましたか?次の手順に従います。

  1. [選択] () ツールで、移動するアイテム (複数可) を選択します。
  2. [移動] ツール () を選択するか、M キーを押します。
  3. 移動させるアイテムをクリックします。クリックした場所が移動ポイントとなります。

    ヒント: 移動ポイントとしてコーナーを選択すると移動が簡単になります。モデル内の他のアイテムと位置を合わるためにアイテムを移動させる場合、アイテムと位置を合わせるコーナーに移動ポイントを設定します。たとえば、キャビネットの右上のコーナーを別のキャビネットと合わせる場合、以下の図のように右上のコーナーをクリックします。


  4. マウスを動かすと、選択したアイテムが動きます。アイテムを移動させたときに、推定表示と [測定] ボックスがどのように変化するかに注目してください。
    • 移動の始点と終点の間に推定ラインが表示されます (コールアウト 1 の図を参照してください)。
    • [測定] ボックスに移動の距離が動的に表示されます (2)。
    • アイテムをモデル内の他のアイテムに近づけると、近くのジオメトリへの推定が表示されます (3)。

    ヒント: 移動時に推定表示を軸に固定するには、Shift キーを押したままにすることで、移動ラインが目的の軸の色に変わります。あるいは、上矢印キーを押したままにすることで青軸に、左矢印キーで緑軸に、右矢印キーで赤軸に、移動を固定できます。

  5. 移動先の点をクリックすることで、移動を終了します。
  6. (オプション) アイテムを正確な距離だけ移動させるには、移動中または移動の直後に以下を入力します。
    • 距離: 20'-35mm など、正または負の値を入力できます。測定の単位を指定すると、テンプレートのデフォルト単位よりもその単位が優先されます。たとえば、デフォルトでメートル法を使用している場合でも、3' 6" と入力できます。
    • 座標: [測定] ボックスでは、グローバル座標または相対座標を使用できます。グローバル座標を入力するには、[3’, 4’, 5’] のように角括弧を使用します。相対座標を設定するには、<3’, 4’, 5’> のように山括弧を使用します。

これらの手順のアクションと移動に関するいくつかのヒントを確認するには、以下のビデオをご覧ください。

コーナー推定グリップ</h4

コンポーネント/グループを選択するかマウスカーソルを合わせると、コンポーネント/グループの境界ボックスのコーナーに推定アイコンが表示されます。これは、コンポーネント/グループをより正確に移動させるのに役立ちます。以下の画像では、ボックスのすべてのコーナーに灰色の点が表示されています。これらはオブジェクトを移動させるために掴むことができるグリップです。

ヒント: コンポーネント/グループが選択されていて、コーナーグリップにマウスカーソルを合わせていない場合、CMD キー (MacOS) または ALT キー (Windows 10) キーを押し続けると円が表示されます。これを使用すると、グループのコーナー、グループの中間点、グループのサイドセンター、グループの中心を切り替えることができます。

他のジオメトリで隠れているコーナーにカーソルを移動させると、灰色の点が青色になり、コンポーネントが透明になって、隠れているコーナーが見やすく、掴みやすくなります。

  

TAGS