モデルまたはモデルのパーツをスケーリングする

SketchUp では、エッジと面の相対的なサイズに基づいて、モデルのサイズや形状を変更できます。利用可能なオプションの概要を次に示します。

  • [メジャー] ツールを使用して、モデル全体の尺度を変更します。
  • [メジャー] ツールまたは [尺度] ツールのいずれかを使用して比率を維持しながら、エンティティのサイズを変更します。
  • [尺度] ツールでエンティティを伸縮して、尺度を変更します。たとえば、キャビネットを現在の幅の2倍に伸ばしたり、車の幅を5%狭めたりします。
  • モデル内の単一のコンポーネントまたはすべてのコンポーネントの尺度を変更します。

次の動画では、[尺度] ツールでジオメトリの尺度を均等に変更したり、寸法を伸ばしたりする方法を説明しています。

モデル全体の尺度変更の詳細や SketchUp の尺度変更機能の詳細な手順については、この記事の後半のセクションを参照してください。

モデル全体の尺度変更

モデル全体の尺度を変更するには、[メジャー] ツールを使用します。

ヒント: [メジャー] ツールを使用すると、2点間の寸法を指定することで、正確に尺度を変更できます。この線分を参照線と呼びます。

この例の平面図のように、モデル全体の尺度を変更するには、次の手順に従います。

  1. [メジャー] ツール () を選択するか、T キーを押します。カーソルの形がメジャーに変わります。
  2. モデル上の2点間の距離を測定します。この例では、階段の幅が48インチであることがわかっているとします。その距離を測定する方法は次のとおりです。
    1. 線分セグメントの一方の端をクリックして、計測の開始点を設定します。SketchUp 推定エンジンを使用して、正確なポイントをクリックしていることを確認してください。
    2. 同じ線分セグメントの終点までマウスを移動します。マウスを動かすと、両端に矢印が付いた一時的なメジャーの線が開始点から伸びていきます。
    3. 図に示すように、線分セグメントのもう一方の端をクリックします。最終的な距離が [測定] ボックスに表示されます。
  3. [測定] ボックスに表示される線の新しいサイズを入力して、Enter キーを押します。このサイズは、モデルの比例的な尺度変更の基準になります。この例では、参照線は48インチに尺度変更されています。

    ヒント: インチまたはメートル単位を使用できます。SketchUp は両方理解します。希望の単位がテンプレートのデフォルトの測定単位でない場合は、必ず希望の単位を指定してください。
  4. 次のダイアログボックスでモデルのサイズを変更するかどうかを尋ねられたら、[はい] をクリックすると、モデル比の比率が再スケールされます。

選択範囲を縦横比で尺度変更

モデル内のジオメトリのサイズを変更し、その比率を維持したい場合は、[測定] ツールまたは [尺度] ツールを使用できます。尺度の設定方法によって選択が異なります。

  • 特定の線のサイズを基準にする場合は、[メジャー] ツールを使用します。たとえば、間取り図の中の 1 つの部屋の幅が 10 フィートしか取れないことが分かりましたが、他の部分はそのままで良いとします。あるいは、ある彫像の高さが3メートルでなければならないとします。
  • 元のサイズのパーセンテージに基づいて選択範囲のサイズを変更するには、[尺度] ツールを使用します。たとえば、選択範囲のサイズを200%増やすか、50%に減らす場合は、この方法を選択します。

メジャーでモデルの一部の尺度を変更するには、次の手順に従います。

  1. 選択ツール () を使用して、尺度を変更するエンティティを選択します。
  2. 選択範囲を右クリックし、表示されるコンテキスト メニューから [グループを作成] を選択します。
  3. グループをダブルクリックします。図に示すように、グループの周囲に破線のボックスが表示され、グループを開いたことが示されます。
  4. [メジャー] ツール () を選択するか、T キーを押します。
  5. 参照線の終点を 1 つクリックします。SketchUp 推定エンジンを使用して、正確なポイントをクリックしていることを確認してください。
  6. 参照線のもう一方の終点をクリックします。図に示すように、現在の距離が [測定] ボックスに表示されます。この例では、間取り図を作成する場所の問題により、この幅を 10 フィートに縮小する必要があるとします。
  7. 線の新しいサイズを入力し (この例では 10' と入力)、Enter キーを押します。このサイズは、モデルの比例的な尺度変更の基準として使用されます。SketchUpに、グループまたはコンポーネントのサイズを変更するかどうかを尋ねられます。
  8. [はい] をクリックすると、選択内容が比例して尺度が変更されます。次の図で結果を確認してください。はるかに小さな部屋になっています。

注: このプロセスは、コンポーネントにも適用されます。コンポーネントの概要については、既成のコンポーネントと動的コンポーネントの追加を参照してください。この記事の後半のコンポーネントの尺度変更セクションでは、どのように尺度変更をモデル内の単一のコンポーネントまたはすべてのコンポーネント インスタンスにのみ適用するかについて説明しています。

モデルをパーセンテージで比例的に尺度変更したい場合、[尺度] ツールを使用すると簡単に作業を行うことができます。間取り図の部屋の幅 10 フィートに減らすことについて、クライアントにどのように話せばよいかわからず、部屋の中にいる象をモデルにして考えているとします。ここでは、その象やモデル内の他の選択物をパーセンテージで拡大する方法を紹介します。

  1. 選択ツール () を使用して、尺度を変更するジオメトリを選択します。このステップは、複雑な 3D 選択範囲の尺度を変更する場合に重要です。2D 形状やサーフェス エンティティなど、簡単に選択できるものの場合は、このステップをスキップできます。
  2. [尺度] ツール ()を選択するか、S キーを押します。図に示すように、選択した周囲に緑色のグリップが付いた黄色のボックスが表示されます。ステップ 1 をスキップした場合は、[尺度] ツールのカーソルでジオメトリをクリックします。
  3. 均等に尺度を設定したり、選択した尺度を均等にする場合は、角の尺度変更グリップをクリックします。以下の図に示すように、選択したグリップと反対の尺度グリップが赤に変わり、[測定] ボックスには 1.00 という尺度が表示されます。これは、ジオメトリが元のサイズであるか、100% にスケーリングされていることを意味します。
  4. カーソルを移動して、エンティティの尺度を変更します。[測定] ボックスには、尺度が動的に表示されます。いつでも Esc キーを押すことで、最初からやり直せます。反対側の角ではなく中央から尺度を設定するには、Ctrl キー (Windows) または Option キー (macOS) を押しながら、赤いコーナーグリップを動かします。
  5. クリックして、選択した新しい尺度を設定します。あるいは、希望する尺度寸法を入力して、Enter を押します。

    注: 理論上は、ステップ 5 で、尺度寸法の代わりに 2m3" などの寸法を入力できます。ただし、メジャーを使用した寸法に基づく尺度の方が、通常はより直感的です。

ジオメトリを伸縮して、尺度を変更

場合によっては、モデルの 1 つの次元のみ (または2つ) をスケーリングする必要があります。これを行うには、[尺度] ツールのエッジグリップまたは面グリップを使用します。ここではキャビネットを例に、プロセスがどのように機能するかを説明します。

  1. 選択ツール () を使用して、尺度を変更するジオメトリを選択します。このステップは、複雑な 3D を選択する場合に重要です。2D 形状やサーフェス エンティティなど、簡単に選択できるものの場合は、このステップをスキップできます。
  2. 尺度ツール () を選択するか、S キーを押します。選択した周囲に緑色のグリップが付いた黄色のボックスが表示されます。ステップ 1 をスキップした場合は、[尺度] ツールのカーソルでジオメトリをクリックします。
  3. エッジまたは面グリップ (コーナーグリップではない) をクリックします。図に示すように、選択したグリップと反対の尺度グリップが赤に変わり、[測定] ボックスには 1.00 という尺度が表示されます。これは、ジオメトリが元のサイズであるか、100% にスケーリングされていることを意味します。[測定] ボックスには、[青の尺度] や [赤の尺度] など、尺度の軸方向も表示されます。エッジ グリップを選択すると、[赤の尺度]、[緑の尺度] などの2つの軸が表示されます。
  4. カーソルを移動して、エンティティの尺度を変更します。[測定] ボックスには、尺度が動的に表示されます。いつでも Esc キーを押すことで、最初からやり直せます。反対側のエッジや面ではなく中央から尺度を設定するには、Ctrl キー (Windows) または Option キー (macOS) を押しながら、赤いコーナーグリップを動かします。
  5. クリックして、選択した新しい尺度を設定します。あるいは、希望する尺度寸法を入力し、Enter を押します。2 つまたは 3 つの軸に尺度を設定するには、2 つまたは 3 つの数値を入力し、それぞれを 3,2 のようにカンマで区切ります。この例では、元のキャビネットを、幅は 2 倍、高さは半分になるように尺度変更しています。

ヒント: 尺度変更の方向をコントロールするのが難しい場合は、描画軸を選択範囲に合わせて再配置してみてください。これを行うには、メニューバーから [ツール] > [軸] を選択します。[軸] ツールのカーソルで、描画軸の位置合わせに使用する角をクリックします。次に、カーソルを移動して、推定軸を位置合わせするエッジをスナップし、クリックして変更を確定します (カーソルを移動する方向に応じて、推定は赤、緑、または青になります)。描画軸の操作の詳細については、描画軸の調整を参照してください。

コンポーネントの尺度変更

これらの尺度変更テクニックは、コンポーネントだけでなく、日常的なジオメトリにも使用できます (コンポーネントの概要については、既成のコンポーネントと動的コンポーネントの追加を参照してください)。ただし、コンポーネントの尺度を変更する際には、そのコンポーネントの 1 つのインスタンスのサイズを変更することも、モデル内のすべてのコンポーネント インスタンスのサイズをリサイズすることもできます。

  • コンポーネントの尺度を変更すると、個々のインスタンスのみが変更されます。この機能により、モデルで同じコンポーネントの異なる縮尺のバージョンを持たせることができます。単一のインスタンスの尺度を変更するには、[尺度] ツールでコンポーネントのインスタンスをクリックし、グリップを使って新しい尺度を設定します。この記事の前半で説明されている尺度ツールのコツを活用することもできます。次の図は、3D Warehouse からダウンロードしたドアコンポーネントの尺度を示しています。
  • コンポーネント内のエンティティの尺度を変更すると、すべてのコンポーネント インスタンスの尺度が変更されます。コンポーネント内のエンティティの尺度を変更するには、コンポーネントをダブルクリックして開く必要があります。次の図に示すように、コンポーネントの周囲に破線が表示され、コンポーネント内の線と面が編集可能になります。コンポーネントを開いた状態で、たとえば線エンティティの尺度変更などを行うことができます。この操作はコンポーネント定義に影響するため、コンポーネントのすべてのインスタンスが一致するように尺度が変更されます。コンポーネントを開いた状態で線を選択できるため、この記事の前半で説明したように、[尺度] ツールまたは [メジャー] ツールのいずれかを使用して尺度を変更できます。ただし、[メジャー] ツールを使用した均一な尺度変更は、多くの場合、モデル内のすべてのコンポーネントの尺度を変更する最も簡単な方法であることに留意してください。