形状を3Dにプッシュ/プルする

[プッシュ/プル] ツール()を使用すると、面から3D形状を作成したり、モデルから3D形状を切り取ったりできます。円形、長方形、抽象的な面など、あらゆるタイプの面をプッシュ/プルすることができます。

ビデオでは、[プッシュ/プル] ツールで実行できるすべてのテクニックを紹介しています。または、モデルのプッシュ/プルについて説明している詳細な手順をお読みください。

面から3D形状を引き出す

面を引き出し、モデルにボリュームを追加するには、次の手順を実行します。

  1. [プッシュ/プル] ツール()を選択するか、Pキーを押します。
  2. [プッシュ/プル] カーソルで、展開する面をクリックします。次の図に示すように、選択した面がシェーディングされます。
    ヒント: 選択が困難な面を [プッシュ/プル] する必要がある場合は、[選択] ツールで面を事前に選択してから、面を[プッシュ/プル] してください。最初からやり直す必要がある場合は、Escキーを押します。


  3. カーソルを移動して、選択範囲を拡大します。[測定] ボックスには、展開された面(押し出しとも呼ばれます)の奥行きが表示されます。
    ヒント:別の面と平行になるように面を引き出す必要がある場合は、SketchUp推定エンジンを使用しましょう。面を引き出す前に、[プッシュ/プル] カーソルをもう一方の面に合わせると、次の図に示すように、2つの面が平行になったことを推定エンジンが通知してくれます。


  4. もう一度クリックして、押し出しのサイズを設定します。他の値を選択するまで、正確な距離を入力できます。これは、入力すると [測定] ボックスに表示されます。数値と値を入力し、Enterキーを押します。

ヒント:プッシュ/プルしてモデルにボリュームを加えた直後に、押し出しのサイズを2倍にしたり、同一の押し出しを別個に作成したりできます。
  • 別の面に押し出しを複製するには、別の面をダブルクリックします。
  • 既存の押し出しの上に同じ押し出しを積み重ねるには、Ctrlキーを押しながらダブルクリック(Microsoft Windows)またはOptionキーを押しながらダブルクリック(macOS)します。

注:プッシュ/プルによって曲面が作成されると、サーフェスエンティティ、つまり滑らかに見えても実際には多くの小さな面で構成されているサーフェスが作成されます。サーフェスエンティティの詳細については、「ジオメトリのソフトニング、スムージング、および非表示」を参照してください。

注:エンティティを少し(1インチ(2.54 cm)未満)引き上げると、エンティティを通してエッジが表示されます。これは、すべての3Dプログラムに影響するレンダリングの制限です。この効果が消えるには、エンティティが1インチ以上の厚さになっている必要があります。エッジが透けて見えるのが気になる場合は、エッジを選択して右クリックし、[非表示] を選択してください。

モデルから3D形状を切り取る

[プッシュ/プル] ツールを使用して、モデルからパーツを切り取ることもできます。このアクションは、図に示すように、出入り口を作ったり、屋根に角度をつけたり、ファスナー用のノッチを切り抜いたりと、様々な場面で便利です。

[プッシュ/プル] ツールでボリュームを減らす手順は次のとおりです。

  1. [プッシュ/プル] ツール()を選択するか、Pキーを押します。
  2. 次の図の左にあるように、押し出したい面をクリックします。
  3. 押し出したい方向にカーソルを移動します。次の図の右に示すように、一部をモデルに押し込んで、一部だけを削除できます。コンテンツを完全に削除する場合は、オフセットが制限されていることを示すメッセージが表示されるまでドラッグします。
    ヒント:コンテンツを完全に削除するには、押し出す面が、モデルの反対側の面と平行である必要があります。線が反対側の面を分割している場合は、モデルに穴を開ける前に、それらの線を消去する必要があります。例を見るには、この記事の冒頭にあるビデオをご覧ください。

  4. もう一度クリックして、モデル内のコンテンツの押し込みを完了します。正確な距離を設定するには、数値と値を入力し、Enterキーを押します。
TAGS