請求と支払い

: これらの機能を表示および使用できるのは、アカウント所有者、セカンダリ アカウント所有者、または会社管理者のみです。

Trimble "Account Management Portal (アカウント管理ポータル)" (AMP) では、"Billing Information (請求情報)" セクションと "Payment History (支払い履歴)" セクションを使用して、請求情報と支払い情報を表示および管理できます。また、"Plan Settings (プラン設定)" で自動更新の設定を確認および変更する方法についても説明します。

請求情報

"Account Information (アカウント情報)" では、アカウントに関連付けられているアドレスを編集できます。アカウントの住所によって、合計支払額に適用される税法が決まります。 

"Payment Method (支払い方法)" では、支払いの詳細を表示および編集できます。この支払い情報は、サブスクリプションの自動更新に使用されます。

支払い履歴

各サブスクリプションの支払いのリストが [支払い履歴] に表示されます。取引の日付、承認されたかどうか、取引の金額、使用された支払い方法が表示されます。 

: 請求書または領収書が必要な場合は、アカウントに関連付けられているメール アドレスを確認してください。すぐに見つからない場合は、受信トレイと迷惑メール フォルダの両方で [email protected] を検索してみてください。それでも見つからない場合は、SketchUp 販売代理店 (ご利用の場合)、営業担当者、または "Customer Support (カスタマー サポート)" を通じて、もう一度メールを送ってもらうことができます。リクエストには、購入日、口座番号、購入メール アドレスを記入してください。

自動更新設定

自動更新は、解約を希望する場合を除いて、サブスクリプションが途切れないようにするのに役立ちます。プランの自動更新を有効または無効にするには、"Plan Settings (プラン設定)" から開始し、次の手順に従います。

  1. 自動更新の有効 / 無効を変更するプランを選び、"Edit Plan Settings (プラン設定の編集)" をクリックします。
  2. "Edit Plan (プランの変更)" モーダルで、"Manage Auto-Renewal (自動更新の管理)" を選択します。
  3. トグルを使用して自動更新を有効または無効にし、"Done (完了)" をクリックします。

有効にすると、プランは更新日に自動的に更新されます。無効にした場合でも、サブスクリプション期間の残りの期間は、プラン内のすべての製品と機能にアクセスして使用できます。サブスクリプション期間の終了時にプランを更新しなかった場合は、サブスクリプション製品や機能にアクセスできなくなります。 

トランザクションの失敗が原因で更新に失敗した場合、サービスが終了するまで 5 日間の猶予期間があります。更新に問題があることが確実に認識できるように、サブスクリプションの有効期限が切れるのでサブスクリプションを更新する必要がある旨を知らせるメッセージが、SketchUp に表示されます。 

返金のリクエスト

返金のリクエストは、最初のトランザクションから 14 日以内に行う必要があります。返金をリクエストする場合、または返金について質問がある場合は、カスタマー サポートの "contact form (お問い合わせフォーム)" を使用してサポート チームにお問い合わせください。返金のリクエストは、SketchUp アカウントに関連付けられているのと同じメール アドレスまたは会社のドメインから送信する必要があります。トランザクションに使用したメール アドレス、アカウント番号、トランザクションの日付をお知らせください。

警告: 自動更新を無効にしても、返金は行われません。
Was this article helpful?