モデルを 3D 空間内に表示する (ブレッドクラム機能)

< SketchUp スタートガイド | プッシュ/プルツールでジオメトリを作成する >

SketchUp では、モデルの 視点 を表すために カメラ の概念が使用されています。 つまり、ユーザーは、モデルを撮影しているカメラであるかのように扱われます。

SketchUp には、モデルを 3D 空間で表示するためのツールがいくつかあります。 最もよく使用されるカメラ ツールは、[オービット] ツール、[パン表示] ツール、[ズーム] ツール、[全体表示] ツールです。

表示ツールを使用するための準備をする

表示ツールを使用するためには、描画領域内にモデルが必要です。 SketchUp には、デフォルトで軸の原点に人物のモデルが表示されます。 このモデルを使って表示操作を練習することができます。 または、以下の手順に従って SketchUp の既成モデルの 1 つを描画領域に配置してください。

  1. ウインドウ >コンポーネントをクリックします。 コンポーネント ブラウザが表示されます。
  2. 下矢印 ( ) で示されている [コレクション/検索] ドロップダウン リストをクリックします。
  3. 建築項目をクリックします。 建築コレクションが一覧されます。
  4. 「家具」 など、いずれかのコレクションをクリックします。3Dギャラリーが表示されます。
  5. 「Beds (ベッド)」など、いずれかのコレクションをクリックします。いくつかのコンポーネントが表示されます。
  6. 「Twin size bunk bed (ツインサイズの二段ベッド)」など、あらかじめ作成された建築モデルの 1 つをクリックします。ツインサイズの二段ベッドのページが表示されます。
  7. モデルをダウンロードボタンをクリックします。 モデル内にロードするかどうかを尋ねるダイアログ ボックスが表示されます。
  8. はいボタンををクリックします。 そのモデルが、[選択] ツールを伴った状態で SketchUp 内 に表示されます。
  9. モデルを配置する描画領域内の場所をクリックします。 そのモデルが描画領域内に配置されます。

[オービット] ツールを使用する

[オービット] ツールを使用すると、モデルを中心に据えたままカメラを回転移動させることができます。このツールは、描画中にビューをすばやく変えるためによく使用されます。 [オービット] ツールは、カメラ ツールバーまたは [カメラ] メニューからアクセスできます。 モデルをオービットするには、以下の手順で操作します。

  1. ツールバーの [オービット] ツール ( ) をクリックします。 ポインタの形が 2 つの連結された楕円 ( ) に変わります。
  2. 描画領域内をクリックします。
  3. ポインタを任意の方向に動かして、描画領域の原点を中心に回転させます。

ポインタを任意の方向に動かして、描画領域の原点を中心に回転させます。

3 ボタン マウスを使用すると、現在の描画ツールを終了することなくモデルをオービットできるため、描画作業がスピードアップします。 3 ボタン マウスでオービットするには、以下の手順で操作します。

  1. ツールバーの [鉛筆] ツール ( ) をクリックします。 ポインタが鉛筆の形 () に変わります。
  2. クリックしてマウスの中央ボタンを押したままにします。 ポインタが [オービット] ツールの形 ( ) に変わります。
  3. ポインタを任意の方向に動かして、描画領域の中心の周りをオービットします (マウスの中央ボタンを押さえたまま操作します)。
  4. マウスの中央ボタンを離すと、[鉛筆] ツール ( ) に戻ります。 ポインタの形が鉛筆 ( ) に戻ります。

[パン表示] ツールを使用する

[パン表示] ツールを使用すると、カメラ (自分の視野) を垂直方向および水平方向に移動できます。 [パン表示] ツールは、カメラ ツールバーまたは [カメラ] メニューからアクセスできます。 [パン表示] ツールを使用してパン表示するには、以下の手順で操作します。

  1. [パン表示] ツール ( ) をクリックします。 ポインタが手の形 () に変わります。
  2. 描画領域内をクリックします。
  3. ポインタを任意の方向に動かしてパン表示します。

[パン表示] ツールを使用する (3 ボタン マウス)

3 ボタン マウスを使用すると、現在の描画ツールを終了することなくモデルをパン表示できるため、描画作業がスピードアップします。 3 ボタン マウスでオービットするには、以下の手順で操作します。

  1. ツールバーの [鉛筆] ツール ( ) をクリックします。 ポインタが鉛筆の形 () に変わります。
  2. Shift キーを押したままにします。
  3. マウスの中央ボタンを押したままにします。 ポインタが [パン表示] ツールの形 ( ) に変わります。
  4. (オプション) マウスの中央ボタン (スクロール ホイール) を押したままの状態で左ボタンを押したままにしても、[パン表示] ツールがアクティブになります。

[ズーム] ツールを使用する

[ズーム] ツールを使用すると、カメラ (自分の視野) を近づけたり遠ざけたりしてビューを拡大縮小できます。 [ズーム] ツールは、カメラ ツールバーまたは [カメラ] メニューからアクセスできます。

  1. ツールバーの [ズーム] ツール () をクリックします。 ポインタが虫めがねの形 () に変わります。
  2. 描画領域内をクリックし、マウス ボタンを押さえたままにします。
  3. ポインタを上方向にドラッグしてズームインするか (モデルに近づける)、または下方向へドラッグしてズームアウトします (モデルから遠ざかる)。

[ズーム] ツールを使用する (3 ボタン マウス)

3 ボタン マウスを使用すると、現在の描画ツールを終了することなくズームインまたはズームアウトできるため、描画作業がスピードアップします。 3 ボタン マウスでズームするには、以下の手順で操作します。

  1. ツールバーの [鉛筆] ツール ( ) をクリックします。 ポインタが鉛筆の形 () に変わります。
  2. スクロール ホイール (マウスの中央ボタン) を前方向に回してモデルをズームインします。
  3. スクロール ホイール (マウスの中央ボタン) を後方向に回してモデルをズームアウトします。

[全体表示] ツールを使用する

[全体表示] ツールを使用すると、モデル全体が画面内に収まり、かつ描画ウィンドウの中央に配置されるようにビューをズームできます。 [全体表示] ツールは、カメラ ツールバーまたは [カメラ] メニューからアクセスできます。 [全体表示] ツールは、モデルが画面外に出てしまった場合や、モデルのどの部分を見ているかがわからなくなってしまった場合によく使用します。 ツールバーの [全体表示] ツール () をクリックします。 モデルが描画領域の中心に表示されます。

< SketchUp スタートガイド | プッシュ/プルツールでジオメトリを作成する >